2015年対応、東京ディズニーランド混雑予想カレンダーをメインに攻略[姉妹→東京ディズニーシー混雑予想カレンダー

これ便利!東京ディズニーランドのショー・パレードに是非もっていきたい物やグッズ

TOP  >  ショー・パレード  >  鑑賞に便利な小物やグッズ

スポンサード リンク

パレードに便利なグッズ

最近年パスを買ってからアトラクション重視のインパから、ショーやパレード重視になった私ですが、寒い時期から暑い時期を実際に過ごした中で、パレード鑑賞に持っていくと便利だと思われるグッズをご紹介したいと思います。

一年中あるといいもの

腕時計

ショーやパレードの時間を確認するために必要です。特にパレードルートは一時間前になってしまうとレジャーシートを大きく広げて待つことが出来るようになりその時間より前に場所取りをしたいので頭の中に開始時間を叩き込んでおいて、その一時間前には狙った場所を確保することが結構大事です。パーク内にはシンデレラ城やイッツアスモールワールドなど幾つかの時計が設置されていますが、何処からでも見えるわけではないので自分でしておくことが必要です。 携帯電話やスマートフォンで代用可能なのですが、すぐに確認できることが大事なので、腕時計が一番最適です。

座布団やクッション

折畳み式のクッションシート。広げると40cm角位になり一人分に丁度いい大きさです。4つに折りたたむとコンパクトになり持ち運びにも便利です。 東京ディズニーランドのショップに販売されていますし、アウトドア用品としてホームセンターやスポーツ用品店などでも販売されています。 ディズニーランドではディズニー柄となり1200円です。パーク外では500円位から売っています。私のは水色のディズニー柄です。

レジャーシート

座布団だけでもいいのですが、地べたに座わり地面に素肌が付いたり荷物が付いて汚れるのが嫌な方や、複数人の場所を確保したいならレジャーシートを持参した方がいいでしょう。 いいポジションの最前列で座ってみたい場合は、パレード開始一時間半前には場所を確保した方がいいです。 一時間前迄はレジャーシートを大きく広げて場所取りをすることが出来ず、自分一人分のおしりのサイズにまでしか広げられません(パレードを見る予定の方全員で場所をキープしておく必要がある)。 開始一時間前になると放送がかかり、近くにいるキャストの方がシートを広げて良いとアナウンスしてくれます。 シートには一人だけ待っていれば他の人は場所を離れることが出来るので、トイレに行ったり、ファストパスを取得したり、食べ物をテイクアウトで買ったり、待ち時間の短いアトラクションに乗ったりも出来ます。 ひとりで行った場合は、近くにいるキャストさんに一声かけてから席をはずしましょう。貴重品は持って座布団やレジャーシートのみにしてその場を離れましょう。私は長くても15分位で戻る様にしています。

デジタル一眼レフカメラ(デジイチ)

デジタル一眼レフタイプがおススメです。コンパクトデジカメではなかなかシャッターチャンスが合わずに気に行った写真が撮れません。 私はCANON EOS7Dをメインに使っています。レンズは2012年現在、EF24-105 F4L IS USMとEF70-200 F4L IS USMでほとんどの撮影を済ませています。 最高一秒間に8連写でき、レンズも好きな物をチョイス出来ますし、シャッタースピードや絞りやISOも自在に変えられますのでディズニーランドでパレードを撮るならデジタル一眼レフ以外に選択肢は無いと思っています。

ウェットティッシュ

待っている間にポップコーン等を食べることがあり、そんな時「手を洗いたくなる」ので、席をはずす必要が出てきます。 でも一人でインパしていると、広げた荷物をまとめて場所を離れる必要があるのですが、意外と面倒です。 そんな時、ウェットティッシュが便利です。小型で軽くて邪魔にならないポケットティッシュタイプがさっと取り出せておすすめです。

夏など暑い時期にパレードで便利な物

帽子

待ち時間以外のパーク内の移動でも帽子はかぶった方がいいでしょう。普通にかぶっている人が多いです。 ちなみにパーク内ではキャラクタのかぶり物が売っていますが、もこもこしていて暑そうなので私はかぶったことがありません。

日焼け止め

腕や足、首筋に塗りましょう。胡坐をかいて座って待つことが多いと思いますが、この場所がかなり焼けます。更に膝から太もも内側がやばいです。

うちわや扇子

ショップやレストランなどクーラーが効いている所に入った時に威力を発揮するでしょう。 パタパタと仰げば涼しさ倍増です。扇子が折りたためて小さくなるのでおススメです。

カッパなどの防水具

夏のスペシャルイベントを体験するなら持って行きましょう。2012年であればランドの「爽涼鼓舞」やシーの「サマーオアシススプラッシュ」は傘を差すことができませんので、何も対策をしないとびしょ濡れになります(風向きや席の場所によって度合いが違いますが)。手荷物も濡れますのでバッグなどが入る大き目のビニール袋が必要です。 カメラもびしょ濡れになります。レンズ先端部だけ外に出して、他の部分はビニールやテープで防水処理する必要があります。

冷たい飲み物

これはパーク内で購入するのが良いでしょう。何処でも近くにお店があると思いますので行って購入しましょう。 一人の場合は長時間離れないようにしましょう。

サングラス

紫外線カットタイプが良いでしょう。UVは目に悪いですし、かなり日差しも強いのであった方がいいです。顔を隠すこともできますし。

日傘

女性もそうですが、男性にも必須ですし、もし日傘を持っていなければ、普通の雨傘でも良いでしょう。 私は折畳みの日傘をすることがありますし、周りにも結構普通の傘で代用しているゲストも少なくないです。

冬など寒い時期にパレードで便利な物

カイロ

エネループのがコストパフォーマンスに優れていると思っています。私はこれと普通のホッカイロの二つを持って行きます。

手袋

確保した場所によっては、ポケットに手を突っ込んで待つ体制がつらい場合があるので手が自由になる様に手袋にしています。

マフラー

一時間以上も寒い場所にいるわけですので、首周辺も温めておいた方がいいです。全然体感温度が変わってきますよね。

マスク

風邪防止にもなりますし、乾燥してのどが痛くなることが軽減さえるでしょう。顔を隠すことも出来ますし。

暖かい飲み物

冷たい飲み物同様、パーク内で購入するのが良いでしょう。何処でも近くにお店があると思いますので行って購入しましょう。 一人の場合は長時間離れないようにしましょう。

スポンサード リンク

シェアしてくれると「本気」で喜びます!