2015年対応、東京ディズニーランド混雑予想カレンダーをメインに攻略[姉妹→東京ディズニーシー混雑予想カレンダー

大活躍!EF24-105mm F4L IS USMはディズニーリゾートで便利レンズ

TOP  >  撮影&機材  >  EF24-105mm F4L IS USM購入レビュー

スポンサード リンク

EF24-105mm F4L IS USM購入レビュー

CANON EF24-105mm F4L IS USMを購入しパークでも数回使用しましたので、レビューしてみます。

パークでの使いどころ

EF24-105mm F4L IS USMは、パレード最前列でダンンサーの全身を撮影のが私の場合の一番の目的です。EF70-200mm F4L IS USMだと、広角側が70mmはじまりなので、狭すぎて撮影出来ないことがある。 このレンズだと広角側が24mmはじまりなので、かなり近寄ってきても狭すぎって事がないです。

ちなみに私が持っている広角EFS10-22、標準EF24-105、望遠EF70-200、超望遠EF100-400のズームレンズ4本をその日の目的に合わせて持参するので、パーク内の建物、ショーパレはほぼこれで問題無し。

問題点はちょっと暗い事、暗い場所をどうするかです。東京ディズニーランドのエレクトリカルパレードならF4でも写せますが、東京ディズニーシーのファンタズミックはF2.8のズームレンズが欲しくなります。 センターに出てくるミッキーマウスを大きく写すには、EF 70-200mm F2.8 L IS II USM+CANON EXTENDER EF1.4X III のテレコンか、EF300mm F2.8L IS II USMが欲しいですね。 7Dに装着する場合、前者はF4で448mmで25万円コース、後者はF4で480mmで60万円コース。予算が足りません。

携帯性

EF24-105mm F4L IS USMの幅広い焦点域は、なかなか広いです。105÷24=4.375倍のレンズになり画角の守備範囲がなかなか広いLレンズです。 EOS7DキットレンズのEFS15-85mm(5.6倍)と比較すると重く、大きいですが、Lレンズでありズーム比も考えれば、これでも軽くてコンパクトだと思います。

操作面

全体的には扱いやすいです。ズームリングはちょっと固めで操作するのに力を入れる必要がある場合があります。 ただし持ち運びを考えるとレンズが下を向いた時に、知らない間にレンズが伸びてしまっていることがほぼ皆無なので余計な気を使う必要がなくて楽です。 一応この固さ調整は、サービスセンターに持って行けば、やってくれるらしいですが、私は行ったことがないのでわかりません。

機能面

オートフォーカス(AF)スピードは、なかなか速くすぐれているUSM(超音波モーター)です。EOS 7DのAF性能も有るのでしょうが、ダンサーの予測しづらい激しい動きにもスーッとピントが合ってくれるので満足できるレベルです。ISの効きも素晴らしく、パーク内では動作音が気になりません。ちょっと暗くなった夕方のショーやパレード、暗い室内でのショーやグリーティング、レストランなどの撮影で、威力を発揮してくれます。 ISOを400や800まで上ることにより、一脚や三脚はふようになり、フラッシュも不要です。 防塵防滴でもあり屋外での小雨やウォータープログラムでの水濡れやほこりなどに対しては安心感がチョットですが、上がります。

画質面

基本開放でダンサーが躍動的に踊っている全身写真を撮影し、本人はクッキリ、周辺はボカシた写真を撮りたいのです。 描写はなかなかですが、開放から良いのはEF70-200mm F4L IS USMの方が上です。 解像度はそこそこクッキリですが、若干太めでイマイチです。 色合いは単調で、べったりとした色のりになることが多いです。 周辺光量落ちはEOS7D(APS-C)なので、ほぼ感じられません。 MTFを見るとわかるのですが、中心部分以外は綺麗にボケてくれずイマイチです。

(ちなみにキャノンのAPS-Cのセンサーサイズは22.3*14.9mmです。フルサイズは36.0*24.0mmです。)

感想

持っていることが喜びになる。やはりレンズに赤ラインが入っていると気分が違います。やる気も置きます。 手持ちレンズのEF70-200mm F4L IS USM これに表現力は及びませんが、基本性能、操作面、機能面、画質面と、どれも満足の出来るなかなかの優等生レンズです。 パーク内での便利ズームレンズと言った方があっているかもしれません。

不満点はズームするとレンズ全体が長くなってしまうこと、鏡筒がせり出してきます。チョットこの辺がかっこわるいですね。

もっときれいなボケを楽しむならEF24-70mm F2.8L USM なのかもしれませんが、カメラにIS(IMAGE STABILIZER:手ぶれ補正)が内臓されていません。 CANONの一眼レフ本体には、手ぶれ補正がついた一眼レフ機は2012年夏現在、販売されていませんので、レンズにISがついていないと手ぶれ補正が出来ません。 ディズニーのパークは、三脚や一脚は持ち込み禁止で使えないのでISが無いのは厳しいです。 広角気味なので何とかなるかもしれませんが、70mmだとISがあった方が歩留まりが上がりそうな気がします。

スポンサード リンク

シェアしてくれると「本気」で喜びます!