2015年対応、東京ディズニーランド混雑予想カレンダーをメインに攻略[姉妹→東京ディズニーシー混雑予想カレンダー

TDL エレクトリカルパレード・ドリームライツ 騎馬隊画像 撮影写真と設定

TOP  >  パーク写真  >  エレクトリカルパレード・ドリームライツ 騎馬隊

2013年6月11日アップ

東京ディズニーランド エレクトリカルパレードドリームライツ「騎馬隊」撮影方法(機材と設定)

設定:Mモード ISO6400 F2.8 SS1/100 125mm 評価測光 露出補正不可
カメラ:Canon EOS-1DX
レンズ:Canon EF70-200mmF2.8L IS II USM
スピードライト:なし

撮影環境

東京ディズニーランドの毎夜行われる「エレクトリカルパレード・ドリームライツ」の撮影です。カメラとレンズを新調し初めて挑んだエレパを撮った写真です。高感度に強いかをテストする為のトライ中の一枚です。

撮影場所はウェスタンランドからプラザへとつながる橋の近くから立ち見で撮影しています。「毎夜行われる」と書きましたが正確には雨の日は「グロウ」となり、いつもと違うパレードになります。

機材説明

カメラ本体は、フルサイズのCanon EOS-1DXです。パレードはとても暗いのでISOを上げ高感度で撮りたいのですが今まで使っていたAPS-CカメラEOS7Dだとノイジーでそれが許せなくて1DXを新規購入しました。

レンズは、とても評判の良い望遠ズームレンズCanon EF70-200mm F2.8L IS II USMです。それまではEF70-200mm F4L IS USMをメインで使っていましたが、フルサイズカメラの導入を機に一緒に購入しました。

スピードライト(フラッシュ)は夜のショー・パレードで使うと雰囲気台無しになるので使用しません。

設定の意図

モードはMモードにし、全てを自由に設定できる様にします。失敗した時の見返しには一番原因が掴みやすいです。撮影しながら調整できるので基本Mモードです。

ISOは「6400」に設定しました。EOS7Dの場合はISO1600が限界と考えていますので2段高く設定したことになります。前評判や他の方の作例を見てISO6400までいけそうだと判断しました。

絞りは少しでも多くの光を取り込めるよう開放のF2.8に設定としました。これまではF4通しのレンズでしたので1段高く設定したことになります。開放馬鹿でもあるのでこれで良しです。最近はクッキリと写真を写したいように変わってきたので、少し絞っても良かったのですが、初F2.8通しズームなので使って見たかったのもあります。

シャッター速度は遅めのSS1/100です。通常、ショー・パレードは1/1000以上に設定しないと被写体ブレするのですが、エレクトリカルパレードのダンサーさんは動きがゆったりで激しくなく優雅な感じなので、被写体ブレも覚悟で遅くしました。2と1/3段遅くしたことになります。

評価と反省

後からレタッチして、角度調整、トリミング、輝度、コントラスト、彩度、ホワイトバランス、シャープネス等をいじっています。 自己評価ですが、露出は悪くないと思います。テストの割に良い写真が撮れたと思います。遠目の写真なのでブレを感じず、望遠の効果で圧縮され、ダイナミックで、パレードの雰囲気が十分に表現できた一枚だと思います。 これは機材の性能で撮れ、私の腕はほぼゼロ。ポジションとタイミングが良かっただけです。

反省点はピントが甘い気がします。少し絞ってキレのある写真に仕上がったら良かったと思います。一番気になるノイズは、ほとんど感じませんので、ISO6400を常用出来る事がわかりました。

次回設定はISO6400 F4.0 SS1/100で挑戦しようと思います。

シェアしてくれると「本気」で喜びます!