2015年対応、東京ディズニーランド混雑予想カレンダーをメインに攻略[姉妹→東京ディズニーシー混雑予想カレンダー

MTF曲線(MTF特性図)の見方を知ればレンズ購入時の参考になるぞ

TOP  >  撮影&機材  >  MFT曲線の見方

スポンサード リンク

レンズMTF特性図(MFT曲線)の見方

MTF曲線はレンズの性能を評価するひとつの指標。これだけでレンズの良さがわかるわけではない。 絞り開放時の特性を表している、メーカーによっては絞った時の値を掲載している(キヤノンはF8も公開)。

■グラフが二つある意味

・左のグラフはワイド(W)端(70mm)の特性を示している。 ・右のグラフはテレ(T)端(200mm)の特性を示している。

単焦点レンズの場合はグラフが1つとなる。

■XY軸の意味

・グラフの横軸(X)はレンズ中心からの距離。
・グラフの縦軸(Y)はコントラスト値を表す。

■線色の意味

・太線(10本/mm)はコントラスト(ヌケの良さ)。
・細線(30本/mm)は解像度(画像のアマさ)。

■線種の意味

・実線Sが放射線方向(Sagittal)。
・点線Mが同心円方向(Meridional)。

■良いレンズ

・線がグラフの上方にあるほど、良いレンズと言える。
・グラフの右端でも落ち込まないと、周辺も綺麗。
・点線と実線の差が少ないと、ボケが綺麗。
・太線(10本/mm)が0.8以上で優秀、0.6以上で満足できると言われる。

ちなみに、憧れのサンニッパのMFT曲線は、下のグラフの様になっています。良いレンズの条件をクリアしていると思われるよいグラフです。

関連項目

■関連項目は準備中です。

スポンサード リンク

シェアしてくれると「本気」で喜びます!