2015年対応、東京ディズニーランド混雑予想カレンダーをメインに攻略[姉妹→東京ディズニーシー混雑予想カレンダー

TDL ハッピーハロウィーンハーベスト ミッキーマウス(2013年9月撮影)写真画像とカメラ設定

TOP  >  パーク写真  >  ハッピーハロウィーンハーベスト ミッキーマウス

公開:2013年9月16日

東京ディズニーランド パレード「ハッピーハロウィーンハーベスト」ミッキーマウス(2013年9月撮影)写真画像とカメラ設定

今年も始まったハロウィーンのスペシャルイベント、昨年はスプーキービルを行っていましたが、今年は新しくなったスペシャルパレード「ハッピーハロウィーンハーベスト」が行われています。 新しいパレードは、Youtube等で動画を確認し、どんな内容なのかをしっかり確認してから挑んだ方が、いい写真を撮る確立が上がると思っています。 でも、それだた「ネタバレ」することにもなり、折角のワクワク感やドキドキ感が無くなりそうで、いつも動画は見ないで挑んでいます。

ツイッターをやっているので、他の方の写真を見てしまうことがありますが、そこはまだいいかなぁって思っています。ツイッターで役立つのは停止ポジの情報をつぶやいてくれるかたです。 今回は7台のフロートが3箇所で停止してくれますが、各停止箇所にどのフロートが停止してくれるのかを知ることはとても大事です。 細かい場所までは把握できませんが、早めに場所を確保するようにすれば、既に誰かが待っているので、その近くだとキャラの真正面近くにポジれます。

今回はNissinのパワーパック「PS8」を初めて導入してみたので、連写しすぎてスピードライトがオーバーヒートしてしまい、フラッシュが焚けたり、焚けなかったりで、露出がめちゃくちゃになりましたが、 1st→3rdとポジを変わった時に、設定を見直し出来たので、なんとかリカバリー出来て、この写真が撮れました。 ちなみにミッキーのポーズは何のポーズなんでしょうか?歌詞の内容を理解していませんので、意味不明なポーズです。

撮影機材

・カメラ:Canon EOS-1DX (重さ1340g/2012年6月発売)
・レンズ:Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM (重さ1490g/2010年3月発売)
・コンパクトフラッシュ:Transcend TS32GCF400×2枚 (容量32GB/400倍/2009年11月発売)
・スピードライト:Canon SP600EX-RT (重さ425g/2012年3月発売)
・外部ブースター:Nissin パワーパック PS8 (重さ761g/2013年2月発売)

カメラ設定/画像処理

露出モード:M(マニュアル)
ISO感度:ISO400
絞り:F2.8(開放)
シャッター速度:SS1/2500(秒)
焦点距離:200mm(35mm換算)
測光方式:スポット測光
ホワイトバランス:AWB(オート ホワイトバランス)
露出補正:±0(マニュアルモードは調整不可)
調光補正:-1
ピクチャースタイル:ポートレート
フォーカス:AF(オートフォーカス)
AFモード:AIサーボAF(親指オートフォーカス)
測距エリア:領域拡大AF
ドライブモード:ワンショット撮影
ファイル形式:JPEG Lサイズ 精細
手ぶれ補正:ISオン
画像補正:レタッチ済み(角度補正、トリミング等)
レタッチソフト:Photoshop7.0(WINDOWS PC)

撮影日と場所

2013年9月撮影

東京ディズニーランド
トゥモローランド スタージェット近く

簡易評価と反省

フォーカス:ジャスピン
手ぶれ:なし
被写体ブレ:なし
露出:普通
ノイズ感:ほぼゼロ

シェアしてくれると「本気」で喜びます!