2015年対応、東京ディズニーランド混雑予想カレンダーをメインに攻略[姉妹→東京ディズニーシー混雑予想カレンダー

TDL ハッピーハロウィーンハーベスト プルート(2013年9月撮影)写真画像とカメラ設定

TOP  >  パーク写真  >  ハッピーハロウィーンハーベスト プルート

公開:2013年9月24日

東京ディズニーランド ハロウィン パレード プルート(2013年9月撮影)写真画像とカメラ設定

東京ディズニーランドのハロウィーンパレード「ハッピー・ハロウィーン・ハーベスト」からプルートの写真を公開。プルートは4番目のフロートに乗ってきます。 このフロートの上部にはプルートの飼い主である、ミッキーマウスが乗っています。ミッキーは結構高い位置にいるので、立ち見最前列よりも少し遠めの方が写しやすいです。 但し、ミッキーばっかりをファインダー越しにのぞいて、バシャバシャと撮影をしていると、プルートの存在に気がつかなくて、写真を撮り忘れてしまいます。

最近は日中のショーパレードでスピードライトを使ってフラッシュ光を被写体に充てて、影を消そうとしているのですが、なかなか設定が良くわかりません。 近すぎると背景が暗くなり、遠すぎると光が届かなかったりで、なかなか良いセッティングが決まりません。

ISO感度を手動にして、距離毎に調整してあげればいいのかなぁなんて考えていたりしますが、ネットなどで情報を探してもなかなか見つからないのが現状です。 今、色々と勉強しながらしらべていますので、情報がまとまったら、こちらで紹介しようと思いますし、まとめた情報を使って実践し「こう撮るんだ!」ってのが固まったら、アップしたいです。

撮影機材

・カメラ:Canon EOS-1DX (重さ1340g/2012年6月発売)
・レンズ:Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM (重さ1490g/2010年3月発売)
・コンパクトフラッシュ:Transcend TS32GCF400×2枚 (容量32GB/400倍/2009年11月発売)
・スピードライト:Canon SP600EX-RT (重さ425g/2012年3月発売)
・外部ブースター:Nissin パワーパック PS8 (重さ761g/2013年2月発売)

カメラ設定/画像処理

露出モード:M(マニュアル)
ISO感度:ISO400
絞り:F2.8(開放)
シャッター速度:SS1/2500(秒)
焦点距離:200mm(35mm換算)
ホワイトバランス:AWB(オート ホワイトバランス)
測光方式:評価測光
露出補正:±0(Mモードは調整不可)
調光補正:-1
ピクチャースタイル:ポートレート
フォーカス:AF(オートフォーカス)
測距エリア:領域拡大AF
AFモード:AIサーボAF(親指オートフォーカス)
ドライブモード:ワンショット撮影
ファイル形式:JPEG Lサイズ 精細
手ぶれ補正:ISオン
シンクロモード:ハイスピードシンクロ
スピードライトモード:TTL II
画像補正:レタッチ済み(角度補正、トリミング等)
レタッチソフト:Snapseed(iPad mini)

撮影日と場所

2013年9月撮影

東京ディズニーランド
トゥーンタウンだった?

簡易評価と反省

フォーカス:ジャスピン
手ぶれ:なし
被写体ブレ:なし
露出:普通
ノイズ感:ほぼゼロ

シェアしてくれると「本気」で喜びます!