2015年対応、東京ディズニーランド混雑予想カレンダーをメインに攻略[姉妹→東京ディズニーシー混雑予想カレンダー

TDL ハッピーハロウィーンハーベスト ホセ・キャリオカ(2013年9月撮影)写真画像とカメラ設定

TOP  >  パーク写真  >  ハッピーハロウィーンハーベスト ホセ・キャリオカ

公開:2013年9月30日

東京ディズニーランド ハロウィーン パレード ホセ・キャリオカ(2013年9月撮影)写真画像とカメラ設定

先日はパンチートの写真をアップしましたので、今日はホセ・キャリオカの写真を上げます。彼はオウムをモチーフにしているみたいです。 最近はフラッシュを焚いて、日中シンクロで撮影することがあるのですが、露出が暴れて上手く撮れないことが良くあります。 測光方式をスポットにしているのからか、スポットが白いと露出が下がり暗めに撮影され、スポットが黒いと露出が上がって明るめに撮影されます。 ホセ・キャリオカの様な動きが激しくなく距離も離れている被写体の場合は顔で測光出来るので露出が暴れにくいです。 しかしダンサーさん達の様に接近し動きが激しいと測光ポイントがあちこちに動くので露出が暴れてしまいます。 これは私の腕が無いのが原因で、まだまだ未熟者なので、もっと腕を磨いていい写真が撮れる確立を上げたいと思います。

撮影機材

・カメラ:Canon EOS-1DX (重さ1340g/2012年6月発売)
・レンズ:Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM (重さ1490g/2010年3月発売)
・コンパクトフラッシュ:Transcend TS32GCF400×2枚 (容量32GB/400倍/2009年11月発売)
・スピードライト:Canon SP600EX-RT (重さ425g/2012年3月発売)
・外部ブースター:Nissin パワーパック PS8 (重さ761g/2013年2月発売)

カメラ設定/画像処理

露出モード:M(マニュアル)
ISO感度:ISO400
絞り:F2.8(開放)
シャッター速度:SS1/2500(秒)
焦点距離:200mm(35mm換算)
ホワイトバランス:AWB(オート ホワイトバランス)
測光方式:評価測光
露出補正:±0(Mモードは調整不可)
調光補正:-1(スピードライト未使用)
ピクチャースタイル:ポートレート
フォーカス:AF(オートフォーカス)
測距エリア:領域拡大AF
AFモード:AIサーボAF(親指オートフォーカス)
ドライブモード:ワンショット撮影
ファイル形式:JPEG Lサイズ 精細
手ぶれ補正:ISオン
シンクロモード:ハイスピードシンクロ
スピードライトモード:TTL II
画像補正:レタッチ済み(角度補正、トリミング等)
レタッチソフト:Snapseed(iPad mini)

撮影日と場所

2013年9月撮影

東京ディズニーランド

簡易評価と反省

フォーカス:ジャスピン
手ぶれ:なし
被写体ブレ:なし
露出:普通
ノイズ感:ほぼゼロ

シェアしてくれると「本気」で喜びます!