2015年対応、東京ディズニーランド混雑予想カレンダーをメインに攻略[姉妹→東京ディズニーシー混雑予想カレンダー

TDL エレクトリカルパレードドリームライツ ブルーフェアリー(2013年10月撮影)写真画像とカメラ設定

TOP  >  パーク写真  >  エレクトリカルパレードドリームライツ ブルーフェアリー

公開:2013年10月15日

東京ディズニーランド エレクトリカルパレード ブルーフェアリー(2013年10月撮影)写真画像とカメラ設定

東京ディズニーランドで行われる夜のパレード「エレクトリカルパレード・ドリームライツ」から先頭のブルーフェアリーの写真を公開。

いつも鑑賞している場所とは違ったポジションからの撮影です。シンデレラ城をバックに入れた写真が撮りたかったので、城前左下のあたりからの撮影となります。 雨が降ったりやんだりで、雨バージョンのパレード「ナイトフォール・グロウ」を期待していたのですが、通常バージョンが撮り行われてしまい残念。 キャストさんに色々聞いて情報を頂けたのですが、実はまだこの「グロウ」観たことがありません。雨の日は早く帰ってしまう事が多いのでなかなか難しいです。

話は変わりますが、この写真のブルーフェアリーを「シンデレラ」と間違えてしまうゲストさんが多いみたいです。 「わー、シンデレラだー」ってつぶやく小さなお子様と親御さんを良く見かけますが、それを訂正してしまうほど、私は大人げないことはしません。 確かにシンデレラっぽいところもあるかもしれませんが、ガラスの靴を履くはずの足元が完全に隠れていますのでシンデレラとは言えないでしょう。

シンデレラはフェアリーゴッドマザー(ビビディ・バビディ・ブーで返信させる)と共にもっと後方に搭乗します。 王子のプリンスチャーミングは、シンデレラのフロートのすぐ後ろにガラスの靴を持って出てきます。 ここで始めのフロートがシンデレラ出ないことを知ってもらえるのだろうと確信しています。

撮影機材

・カメラ:Canon EOS-1DX (重さ1340g/2012年6月発売)
・レンズ:Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM (重さ1490g/2010年3月発売)
・コンパクトフラッシュ:Transcend TS32GCF400×2枚 (容量32GB/400倍/2009年11月発売)

カメラ設定/画像処理

露出モード:Av(露出優先)
ISO感度:ISO5000
絞り:F2.8(開放)
シャッター速度:SS1/250(秒)
焦点距離:200mm(35mm換算)
ホワイトバランス:AWB(オート ホワイトバランス)
測光方式:スポット測光(AFフレーム連動)
露出補正:±0(Mモードは調整不可)
ピクチャースタイル:ポートレート/風景
フォーカス:AF(オートフォーカス)
測距エリア:領域拡大AF
AFモード:AIサーボAF(親指オートフォーカス)
ドライブモード:ワンショット撮影
ファイル形式:JPEG Lサイズ 精細
手ぶれ補正:ISオン
画像補正:レタッチ済み(角度補正、トリミング等)
レタッチソフト:Snapseed(iPad mini)

撮影日と場所

2013年10月撮影

東京ディズニーランド

簡易評価と反省

フォーカス:ジャスピン
手ぶれ:なし
被写体ブレ:なし
露出:普通
ノイズ感:少なめ

シェアしてくれると「本気」で喜びます!