2015年対応、東京ディズニーランド混雑予想カレンダーをメインに攻略[姉妹→東京ディズニーシー混雑予想カレンダー

TDL ミニー・オー!ミニー ミニーマウス(2013年5月撮影)写真画像とカメラ設定

TOP  >  パーク写真  >  ミニー・オー!ミニー ミニーマウス

公開:2013年10月16日

東京ディズニーランド ミニー・オー!ミニーマウス(2013年5月撮影)写真画像とカメラ設定

東京ディズニーランドのハロウィーンのパレード「ミニー・オー!ミニー」からミニーマウスの写真を公開。

最前列に座ると前の方の頭が邪魔にならなくてとても撮影がしやすいです。でも人気があるダンスショーなのでなかなか最前列に座ることは難しいです。 特にセンターブロックの最前列を取るためには、初回(大体11:30)からのショーであれば開園後(大体8:00)すぐ場所取りしなくては厳しいです。

まだ私はミニーオーミニーのド真ん中を取ったことがありませんので、季節毎のイベントをやっているときに朝一番で場所取りしてみたいと思います。 季節毎のイベント(イースター、夏、ハロウィン、クリスマス)中であれば、朝からミニー・オー!ミニーの場所取りをする人は少ないでしょうし、 そんな時期に早くから場所取りする人はかなりのミニー・オー!ミニー好きなので、全員がド真ん中を狙わずに、狙ったキャラの真正面に座ることが多いので、真ん中あたりに一つだけポツンと席が開く可能性があります。

センターから魚眼レンズで撮影するのが楽しい気がしているんですよね。EF8-15mm F4L フィッシュアイ USMでダイナミックな絵を取るのが1つの目標です。 まだ魚眼レンズ購入していませんけどね。そのうち購入してミニー・オー!ミニーのセンターから撮影してきます。

撮影機材

・カメラ:Canon EOS-1DX (重さ1340g/2012年6月発売)
・レンズ:Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM (重さ1490g/2010年3月発売)
・コンパクトフラッシュ:Transcend TS32GCF400×2枚 (容量32GB/400倍/2009年11月発売)

カメラ設定/画像処理

露出モード:M(マニュアル)
ISO感度:オート(ISO320)
絞り:F2.8(開放)
シャッター速度:SS1/1250(秒)
焦点距離:200mm(35mm換算)
ホワイトバランス:AWB(オート ホワイトバランス)
測光方式:評価測光
露出補正:±0(Mモードは調整不可)
調光補正:±0(スピードライト未使用)
ピクチャースタイル:ポートレート
フォーカス:AF(オートフォーカス)
測距エリア:領域拡大AF
AFモード:AIサーボAF(親指オートフォーカス)
ドライブモード:ワンショット撮影
ファイル形式:JPEG Lサイズ 精細
手ぶれ補正:ISオン
画像補正:レタッチ済み(角度補正、トリミング等)
レタッチソフト:Snapseed(iPad mini)

撮影日と場所

2013年5月撮影

東京ディズニーランド
シアターオーリンズ

簡易評価と反省

フォーカス:ジャスピン
手ぶれ:なし
被写体ブレ:なし
露出:普通
ノイズ感:ほぼゼロ

シェアしてくれると「本気」で喜びます!