2015年対応、東京ディズニーランド混雑予想カレンダーをメインに攻略[姉妹→東京ディズニーシー混雑予想カレンダー

TDL オムニバス サイドミラー クロスフィルター(2013年11月撮影)写真画像とカメラ設定

TOP  >  パーク写真  >  オムニバス サイドミラー クロスフィルター

公開:2013年11月28日

東京ディズニーランド オムニバス サイドミラー クロスフィルター(2013年11月撮影)写真画像とカメラ設定

東京ディズニーランドのプラザをぐるっと一周する「オムニバス」からサイドミラーに当たった太陽光にクロスフィルターをかけてみた写真を公開。

たまたま通りかかったときに、オムニバスのサイドミラーからいい感じに金属パイプに太陽光が反射しているのが目に止まったので、パシャリと一枚収めてみました。 この日はクロスフィルターを買って初めてパークに入園した日で、クロスフィルターの練習もかねて、あちこちで光っているものを撮影していました。 お昼過ぎの写真なのですが、できるだけアンダーな写真が撮りたいのと、背景に他ゲストが入り込む可能性があったので、低ISO、絞り気味、シャッター速度を上げて撮影してみました。 若干後から画像処理で暗めに加工していますが、結構イメージに近い写真になったと思います。色合いをもう少し鮮やかにできたらほぼ合格点だったと思います。 ホワイトバランスオートで撮っているので、そろそろ卒業しなくてはいけないかなぁと思います。

話は変わりますが、最近シャッター速度の設定をいくつにしたら良いのか、わからなくなってきました。 今までは昼間は1/2000が基本でしたが、ちょっと高すぎるとの指摘を受けて、少しずつ下げてます。 スポーツ写真のプロは1/1250。ダンサーさんの指先がぶれているのが私は嫌で1/800だとぶれので、1/1000にするか1/1250にするか悩みどころです。

撮影機材

・カメラ:Canon EOS-1DX (重さ1340g/2012年6月発売)
・レンズ:Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM (重さ1490g/2010年3月発売)
・コンパクトフラッシュ:Transcend TS32GCF400×2枚 (容量32GB/400倍/2009年11月発売)

カメラ設定/画像処理

ファームウェア:Ver1.2.4(EOS-1DX)
露出モード:M(マニュアル)
ISO感度:ISO100
絞り:F5.6
シャッター速度:SS1/1250(秒)
焦点距離:175mm(35mm換算)
ホワイトバランス:AWB(オート)
オートブラケティング(AEB):なし
測光方式:スポット測光(AFフレーム連動)
露出補正:±0(Mモードは調整不可)
調光補正:±0(スピードライト未使用)
ピクチャースタイル:風景
フォーカス:AF(オートフォーカス)
測距エリア:領域拡大AF(上下左右)
AFモード:ワンショットAF
ドライブモード:ワンショット撮影
ファイル形式:JPEG Lサイズ 精細
手ぶれ補正:ISオン
画像補正:レタッチ済み(角度補正、トリミング等)
レタッチソフト:Snapseed(iPad mini)

撮影日と場所

2013年11月撮影

東京ディズニーランド
プラザ

簡易評価と反省

フォーカス:ジャスピン
手ぶれ:なし
被写体ブレ:なし
露出:ローキー
ノイズ感:ほぼゼロ

シェアしてくれると「本気」で喜びます!