2015年対応、東京ディズニーランド混雑予想カレンダーをメインに攻略[姉妹→東京ディズニーシー混雑予想カレンダー

TDL バケーション・パッケージ席 グーフィー像(2013年11月撮影)写真画像とカメラ設定

TOP  >  パーク写真  >  バケーション・パッケージ席 グーフィー像

公開:2013年12月18日

東京ディズニーランド バケーションパッケージ(2013年11月撮影)写真画像とカメラ設定

東京ディズニーランドのパレードが鑑賞できるバケーションパッケージ(バケパ)席にあるグーフィーの銅像の写真を公開。

クリスマスシーズンになると、ツイッターでフォローしている皆さんがクロスフィルターを使い始めます。 夜景を綺麗に撮影してアップしてくださるので、私も面白そうと思ってクロスフィルターを購入し、パークで撮影してみたのがこれです。 東京ディズニーランドのワールドバザールを抜けた正面にあるミッキーとウォルトのパートナー像のシンデレラ城側には、バケーションパッケージを利用した方だけが座れる特等席があります。 パーク内がどんなに大混雑していても、パレード数分前に来ればよい席から鑑賞できるとてもすばらしい席。 私はいつも朝早くからいい場所を確保するため長時間待つわけですが、一度ぐらいはバケパでショー・パレードを楽しみたいものです。

話は変わりますが、先日このバケパ席から見ているゲストの中にパレード公演のなか、大きく腕を上げ手を振っている方がいました。 手を振ることは悪いことではないのですが、大きく上げて振るのは後ろ方からとても見え辛いです。

いつもならキャストさんに言ってもらうのですが、バケパ席は遠いし入れないので、こちらの意思を伝えられません。 できればゲストコントロールのキャストさんはその辺の注意までしてほしいと思います。

撮影機材

・カメラ:Canon EOS-1DX (重さ1340g/2012年6月発売)
・レンズ:Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM (重さ1490g/2010年3月発売)
・コンパクトフラッシュ:Transcend TS32GCF400×2枚 (容量32GB/400倍/2009年11月発売)
・カメラ用フィルター:Kenko PRO1D R-クロススクリーン (W) クロス効果用 (重さ113g/2012年9月発売)

カメラ設定/画像処理

ファームウェア:Ver1.2.4(EOS-1DX)
露出モード:M(マニュアル)
ISO感度:オート(ISO320)
絞り:F2.8(開放)
シャッター速度:SS1/1250(秒)
焦点距離:200mm(35mm換算)
ホワイトバランス:AWB(オート)
オートブラケティング(AEB):なし
測光方式:スポット測光(AFフレーム連動)
露出補正:±0(Mモードは調整不可)
調光補正:±0(スピードライト未使用)
ピクチャースタイル:風景
フォーカス:AF(オートフォーカス)
測距エリア:1点AF
AFモード:ワンショットAF
ドライブモード:ワンショット撮影
ファイル形式:JPEG Lサイズ 精細
手ぶれ補正:ISオン
画像補正:レタッチ済み(角度補正、トリミング等)
レタッチソフト:Snapseed(iPad mini)

撮影日と場所

2013年11月撮影

東京ディズニーランド
バケーションパッケージ席

簡易評価と反省

フォーカス:ジャスピン
手ぶれ:なし
被写体ブレ:なし
露出:普通
ノイズ感:ほぼゼロ

シェアしてくれると「本気」で喜びます!