2015年対応、東京ディズニーランド混雑予想カレンダーをメインに攻略[姉妹→東京ディズニーシー混雑予想カレンダー

買ったよ!ディズニーランドとディズニシーの年間パスポート購入体験記

TOP  >  チケット  >  両パーク年間パスポート

スポンサード リンク

ディズニーランドディズニーシー 年間パスポート 購入 体験記

更新2013年3月5日。ここでは東京ディズニーランドや東京ディズニーシーで利用できる「年間パスポート」の購入について、値段、購入場所、手順、デザインなど実際の体験を元に記載します。 これまで私は一般のチケット(パスポート)で入園(インパーク)をしてきましたが、このサイトをもっと情報を増やし、もっとわかり易くしたいと考え、年間パスポートを作って入園していきたいと考えました。

・購入した年間パスポート
・作れる場所
・購入に必要なもの(身分証明書・申込書・料金)
・写真撮影
・購入に掛かる所要時間
・注意や説明
・完成した年間パスポート
・使い方
・まとめ

購入した年間パスポート

「2パーク年間パスポート」大人1名分を購入しました。これは東京ディズニーランドと東京ディズニーシーに一年間入園出来るパスポートとなります。 他の種類として、ディズニーランド又はディズニーシーどちらか一方限定の年間パスポートもあります。

作れる場所

東京ディズニーランド園外「イーストゲートレセプション(開園1時間前~閉園30分前)」入り口向かって左側です。 この場所以外で「イクスピアリ」内にある「東京ディズニーリゾート・チケットセンター(8:00~21:00)」でも作成出来るので、次回はそちらで作ろうと思います。

購入に必要なもの

「身分証明書」と「お金」と「申込書」が必要です。

身分証明書

「身分証明書」が必要です。名前と誕生日がわかる書類(運転免許証、健康保険証、住民票、旅券・パスポート、年金手帳など)が必須です。 私は「自動車免許証」を提示しました。個人情報保護の為かコピーは取られず、本人確認のみでが顔をしっかり確認していました。

申込書

年間パスポート作成申込書を提出します。この用紙は受付でもらえます。

料金支払い

2パーク用は「80,000円」です。クレジットカード(VISA)で支払いました。マスターやスポンサーであるJCBも使えます。ちなみに1パーク用は大人が「52000円」です。(2012年3月購入時)

写真撮影

申込書を書き終わると写真撮影です。これはパスポート表面に印刷される写真です。高さ33mm×幅32mmと大きいです。カーテンの外で順番をを待ちます。

順番が来ると、呼ばれてカーテン内で上半身(肩から上)を撮影します。中には撮影用カメラ、荷物置き、鏡、受付口があります。

撮影が終わるとそのままカーテン内で待たされます。2~3分程で受付口から年間パスポートを渡され、確認し終了となります。

購入に掛かる所要時間

2012年3月3日(土)朝9時頃の到着時には私の前に2組の家族がいました。最終的に出来るまで約20分間でした。 私が作り終わったときは混雑していて、5組以上の方が受付待ちでした。

注意や説明

幾つか注意点を聞かされました。一番重要なのは2パーク年間パスポートは、入場制限時インパ(入園)できないことです。 購入当日も東京ディズニーシーは11:45分から入場制限がかかったようです。もし午後から行っても入れなかったことになります。

購入一年が経過し入場制限にも何度か遭遇しましたが、発生前に入園済みだったり、もう一方は入場制限が掛かってなかったりで、両パーク共に入れないことは一度もありませんでした。

完成した年間パスポート

使い方

年間パスポートは通常のパスポートと同じに使えます。 両パークの入園、両パークのアトラクションのFP(ファストパス)発券、ランドのワンマンズ・ドリームII、シーのBBB(ビッグバンドビート)や他の抽選に使えます。

まとめ

入園時にキャストさんから「ありがとうございます」と一言われましたが、「年間パスポートのご利用ありがとうございます」という意味だったのかもしれません。 入園ゲートではキャストさんへ年間パスポートの写真が見えるようにしてあげましょう。又改札時の音が通常パスポートと違いますので聞き比べてみて下さい。 沢山入園して確実に元を取って下さい。私はこの一年で両パークに50回以上入園しました。6200円×50回で310,000円分を80,000円で済ませたので230,000円得をしました。

スポンサード リンク

シェアしてくれると「本気」で喜びます!