2015年対応、東京ディズニーランド混雑予想カレンダーをメインに攻略[姉妹→東京ディズニーシー混雑予想カレンダー

Transcend CFカード TS32GCF400 32GB 400倍速 購入レビュー

TOP  >  撮影&機材  >  TS32GCF400 レビュー

CFカード TS32GCF400

Canon EOS 7Dで撮りたいのは、東京ディズニーランドのパレード(ジュビレーションやエレクトリカルパレード・ドリームライツ)や、東京ディズニーシーの水上ショー(レジェンド・オブ・ミシカやファンタズミック)が主な被写体となります。 コンパクトカメラや一眼レフカメラを20年以上触ってきていますが、はっきり言って腕に自信はありませんので、7Dの連写性能を活用しバシバシ撮って「下手な鉄砲数うちゃ当る」作戦で行こうと考えています。

7D購入と共に必要となったのが、記録メディアである「コンパクトフラッシュ」です。 昔、Canonのデジカメ「IXY320(だっけ?)」とか「IXY500(だっけ?)」を使っていたので、256MBのCFカードを持っています。 しかし7Dで撮影すると、1ファイルあたりのサイズはJPEG L ファインで「6.6MB」(RAWは、なんと25.1MBと巨大すぎ)とかなり大きく、36枚しか撮影出来ないことになります。 いまさら感満載なのですが、CFを新しく購入する必要があり、Amazonや価格comで探すべく、まずは容量を検討してみました。

パレードやショーは、一回30分間以内。そのうち撮影するのは10%程と予想し、30分×10%=3分(180秒)。 7Dは一秒8コマの連写が可能なので、180秒×8枚=1440枚撮影することになります。。 カタログ上、7Dの記録はJPEG Lサイズ ファインが一枚6.6MBで、1440×6.6MB=9.5GBも1回で必要となる計算です。 一日にショーやパレードは2回〜3回観ることがあるので、19GB〜28.5GB必要となり、コンパクトフラッシュは32GBが必要なことが解かりました。 そこで、Amazonや価格comで色々口コミを見ると候補に挙がったのは以下の2種です。

【コスパ最高!】

Transcend 32GB TS32GCF400 6000円(188円/GB)400倍速

【高速&高信頼性&ゴールドラベル!】

サンディスク 32GB SDCFXP-016G-J91 21000円(656円/GB)600倍速

以上の2点で迷いましたが、今回はEOS 7D本体を買った直後でちょっと金欠状態だと言うこともあり、コスパを重視し「Transcend 400倍速CFカード 32GB 永久保証 TS32GCF400 」をAmazonでポチりました。

翌日、届いた商品がこちら

リカバリーソフトが入ってます(使いませんが...)

Read(読込) 90MB/s、Write(書込) 60MB/sとカタログ通りw

パッケージ裏面は英語だらけなのでパスwww

パッケージ中身

ケース入りで持ち運びしやすい。

EOS 7Dに入れてみると、フォーマット不要で、そのまま記録出来ました。 連写は、JPEG L ファインで数十枚以上連続記録可能です。 私の使いたい方法ではストレスなく使用可能です。

パソコンへの書出しは超高速ではありません。何しろ一度に4000枚以上取り込むことになるので、作業中は結局放置しています。 さらに我が家では、いまだにWindows XPが現役なので、パソコンが足を引っ張っている気がしてなりませんwww

あと、もしサンディスクの"ゴールドラベル"を購入していたら、もっと早かったのかとても興味があります。 予備もひとつは持っていたいので、そのうち入手することになりそうな予感...

スポンサード リンク

シェアしてくれると「本気」で喜びます!