2015年対応、東京ディズニーランド混雑予想カレンダーをメインに攻略[姉妹→東京ディズニーシー混雑予想カレンダー

極寒?ディズニーランド 冬の服装アドバイス-12月、1月、2月編

TOP  >  天気と服装  >  服装アドバイス(冬編)

スポンサード リンク

冬の服装アドバイス

東京ディズニーリゾート冬の服装アドバイス

更新2013年4月11日。冬(12月~2月)に東京ディズニランドへ行く場合に着て行く服装をアドバイスしたいと思います。 屋外で長時間待たされる場合が多いので、少しでも快適に過ごせるように準備万端でお出かけすることが大事だと思います。

服装のポイント

ディズニーランドの冬はやっぱり寒いです。冬なんですから、当たり前です。。。 立地が東京ベイエリアの為冷たい風が通り、そんな屋外にアトラクションやショー・パレードで長時間並ぶ待たされ、 時には、ショーやレストランで屋内に入れば、暖房がガンガン効いて思わず汗ばんでしまう。

しまいには汗が夜になって冷え"冷たい"...風邪をひいた-_-;。こんなことになりかねません。 このように、屋外と屋内の寒暖の差が激しいので、室内用に「薄めの服」を重ね着し、屋外用に「厚手のアウター」を組み合わせ、 脱ぎ着で調整出来るようにすることがポイントです。

具体的な服装を選ぶ

アウターはベンチコートのように膝まで覆うような服でしっかり防寒する必要があります。 インナーには、フリース、カーディガン、タートルニット、ヒートテックと重ね着しましょう。 ボトムは、パンツの下に厚手のタイツやヒートテックを履き、靴下は厚めのものか二重履きにで、靴底が厚い靴などをはくといいです。

プラスして小物で調節できるようにしておくと安心です。 膝掛、手袋、マフラー、帽子、ストール、耳あて、携帯カイロ等から選択し持参するといいでしょう。 小物の持ち歩きに、軽い布製のエコバッグが楽です。

寒さから身を守る技

ショーやパレードを外で待つなら、特に首周りを保温するとだいぶ違います。マフラーやストールがここで活躍しますね。

地面からの冷えこみも厳しいので、レジャーシート以外に厚めの敷物があると便利。 段ボールやプチプチを持参すると小さい軽い捨てられるのでおすすめ。

忘れたらパークで「折りたたみ式の座布団」が1500円位で売っていたことが昔ありました。 キャストさんに聞いてみると今年も売っているかもしれません。

防寒具を現地調達

パーク内で防寒具を調達するなら、早めに購入しましょう。 夕方から夜のショー・パレード前になると、防寒具が飛ぶように売れます。 混雑で時間がかかり、最悪気に入ったものが買えないなんて歯目にあわないように注意!

結局は天候次第?

いろいろと長々と書きましたが、一番大事なのは当日の天気や気温によって必要となる服装が大きく左右されてしまいます。 「おいおい、結局天気かよっ!」って皆さんから突っ込まれそうですがwww。

天気が良く南よりの風が吹けば温かい日となり、又、年に数回は小雪がぱらついたり時には積雪となる日があるのがディズニーランドです。 出かける前には、天気予報をチェックし、服装や持ち物をよく考え最適な物をチョイスして出かけて下さい。

スポンサード リンク

シェアしてくれると「本気」で喜びます!