2015年対応、東京ディズニーランド混雑予想カレンダーをメインに攻略[姉妹→東京ディズニーシー混雑予想カレンダー

初めてでも簡単!CANON EF70-200F4L用レンズフードET-74を白く塗装したよ

TOP  >  撮影&機材  >  レンズフード ET-74 白色塗装

CANONのレンズフード ET-74 を白く塗装

ズームレンズEF70-200F4LのCANON純正フードはET-74です。レンズは白レンズですが、このフードが黒色でちょっと似合っていません。 ネット上を探してみるとたくさんのキャノン白レンズを持っている方たちがフードを白く塗装しているのを知り、私も挑戦してみようとやってみました。

ポイント

今回レンズフードを塗装するにあたりスプレーやエアノズルでやっている方が多いので、スプレー缶で塗装してみようと色々と調べてみました。

小学生の頃、ガンプラの大会で町内デパートで特別賞か何かをとったのですが、その時は、お金が無かったので筆で塗っていました。 ちなみに"ズゴック"をオリジナルカラーに塗った記憶があります。

Youtubeにプラモデルを塗装している方の動画がアップされていたて、勉強になり感謝!要点をまとめると、以下がポイントのようです。

・マスキングはしっかり隙間なく
・素材表面にヤスリで下地処理を作る
・サーフェイサー(サフ)で下地の膜を作る
・スプレーは一方向に素早く動かす
・塗装は乾いてから何度も塗り重ねる
・トップコートで塗膜強度アップ

材料

レンズフード ET-74 CANON
ファインサーフェイサーL ライトグレイ 180ml タミヤ
Mr.カラースプレー(キャラクターフレッシュ)111 GSIクレオス
・紙やすり380番(在庫)
マスキングテープ 18mm タミヤ
マスキングテープ 10mm タミヤ
・紙やすり2000番(在庫)「上の写真内になし」
・脱脂用アルコール(在庫)「上の写真内になし」
---------------------------------------------------------
・計2000円位(フード除く)

手順

まずアルコールをティッシュに含ませて脱脂します。 次にマスキングテープで塗りたくないところをマスキングします(今回は先端と付け根を素材の黒色を残したかったのでそこをマスキング)。

次は下地作り。380番のやすりで塗装したい部分の表面をザラザラに荒らします。

次はサフの塗布(3回)。塗料が食いつきやすくする為と、今回の塗装色が白っぽくて、素材が黒いので発色を良くするためにファインサーフェーサーを塗布します。薄く全体にまんべんなく3回に分けてスプレーします。

次は塗料の塗布(4回)。サフの塗布と同じ要領でスプレーしていきます。4回に分けて塗布しました。

しっかり乾いたらマスキングを剥がします。ゆっくりと慎重に剥がしましょう。剥がれたらマスキングテープとの境目が段差になっていたので2000番のやすりで段差をなくしました。この時エッジ部を強くこすると素材が見えてしまうので軽く優しくやすりがけしましょう。私の場合は、黒の下地がちょっとだけ薄くすけてしまいました(泣)

最後にトップコート(4回)。何かにぶつけても塗装が直ぐに剥がれないように表面をコーティングさせます。もう塗布するのはなれたのでスイスイ仕事が進みます。

完成

初めてのスプレー塗装としては80点位の出来です。実は予定していた色(AS-16)がなく急遽別の色を選んで利用したのですが、意外とマッチしていて違和感がありません。今回はLレンズの「赤ハチマキ」は自信がなかったのでパスしましたが、飽きてきたら追加で塗ってみようと思います。

スポンサード リンク

シェアしてくれると「本気」で喜びます!