2015年対応、東京ディズニーランド混雑予想カレンダーをメインに攻略[姉妹→東京ディズニーシー混雑予想カレンダー

ディズニー ハロウィン 2012 パレード"ウェルカム・トゥ・スプーキーヴィル"攻略

スポンサード リンク

ディズニー・ハロウィーンストリート”ウェルカム・トゥ・スプーキーヴィル”

東京ディズニーランドで2012年9月7日~10月31日の期間行われるスペシャルイベントのパレード「ディズニー・ハロウィーンストリート”ウェルカム・トゥ・スプーキーヴィル”」。 フロート停止場所の地図、登場するキャラクターやフロートの順番、オススメの鑑賞場所、場所取りの待ち時間、写真やビデオ撮影する場合の注意点などを解説します。

どんなパレード?

「ディズニー・ハロウィーンストリート”ウェルカム・トゥ・スプーキーヴィル”」は、1日に2回、1回目は10時00分から、2回目は16時15分からです。 曲はディズニーらしく楽しくテンポの良いきょくですが、イースターワンダーランドの様なハチャメチャな明るさや、爽涼鼓舞の和風でありながらも力強さを感じる曲とは違い、 ちょっと怖さを感じるよう半音を上手く使って、ハロウィーン風にアレンジされていてなかなか楽しいです。

登場するキャラクターやフロートの順番

昨年とはキャラクターとフロートの順番や組合せが違っているので注意が必要です。

「1 チップとデール」

ここがハロウィーンストリートの入口。

「2 グーフィーとマックス」

野菜や果物が並ぶマーケットです。

「3 スティッチ」

曲がった道を走るバス風のフロートです。

「4 ミッキーマウス」

墓石で出来た摩天楼のフロートです。

「5 クラリスとデイジーダック」

カフェ風のフロートです。

「6 ミニーマウスとマリーとプルート」

洋服を売っているブティック風のフロート。

「7 ドナルドダックとヒューイ・デューイ・ルーイ」

ライブラリのフロートです。

パレードルートとフロートの停止場所

ルートは、昼のレギュラーパレード「ジュビレーション」や、夜のレギュラーパレード「エレクトリカルパレード・ドリームライツ」と同じルートを通ります。 春のスペシャルイベントのパレード「イースターワンダーランド」とは違い、シンデレラ城のすぐ目の前は通過しません。 このパレードは途中3箇所で停止します。一度の停止で約5分ほど停止しおばけたちと手遊びが出来ます。 これは簡単な手遊びで、パレードが始まる前にキャストの方がレクチャーもしてくれるので、誰でもすぐ覚えられます。

ミッキーマウスやディズニーの仲間たちは7台のフロートにわかれて登場し、フロート間にパレードを華やかに飾るダンサーさん達も登場します。 もし自分が確保したポジションの前にフロートが停止しなくても、全てのフロートとダンサーさんは目の前を通過するので、基本何処でもパレードを十分に楽しめます。

オススメの鑑賞場所

お目当てのキャラが停止する場所は、パレードルートにいるキャストさんに確認すると教えてもらえます。 前方のフロートは思ったよりも手前で止まり、後方のフロートは思ったよりも先で止まります。 特に前方のフロートは奥の方で止まってしまって良く見えないことがあるのでよく場所を確認してから確保しましょう。 ファンタジーランドで1回目の停止をみてから直ぐに、3回目の停止場所へ移動すると2度見れます。 さらに3度目の停止場所にあたるトゥーンタウンは、全員がこちらを向いてくれるので写真が撮りやすいです。

場所取りの待ち時間

席が埋まる順番は、まだ日差しが強い9月では、日陰のベンチ、日陰の最前列、日向の最前列、日陰の2列目以降、日向の2列目以降、立ち見という順番に埋まっていきます。 場所取りの待ち時間は休日の場合、日陰のベンチは開始時間2時間前が目安、日陰最前列は1時間半前、日向の最前列は1時間前、日陰の2列目以降は30分前、日向の2列目以降は15分前、立ち見は10分前を目安に場所が埋まります。平日の場合はこの時間の半分ぐらいでも席が確保できると思います。

注意点

ルート内側になる席は、キャストさんがセキュリティー確保のために目の前に座ってしまう時があるので、写真撮影する場合には注意が必要です。 そして内側は右手からフロートが来る形になり、写真撮影がしにくいです。フロートが左手から来るような場所を確保するとキャストさんも邪魔になりにくいですが、日陰で待てる場所は多くはありません。

スポンサード リンク

シェアしてくれると「本気」で喜びます!